営業電話を行う時に意識していることはありますか?営業電話を行う際に時間帯にも配慮することはビジネスマナーの1つです.営業時間内であればいつでも電話していいとは限りません.そこで今回は営業時間内のいつ営業電話をすることで成約率が高まるのか紹介します.

 

1 営業電話に適切な時間帯の原則

営業電話を掛けたとしても問題になることが無い,営業電話に適切な時間帯を確認しておきましょう.営業電話をするじかんたいとして問題が無い時間帯以外に電話を書けてしまうと,相手に迷惑かけてしまい,トラブルに発展する可能性も考えられます.

 

2.一般的に避けたほうが良い時間帯とは?

電話営業を行う際に時間帯を気にすることもビジネスマナーの1つです.営業時間内であればいつでも電話していいとは限りません.相手側も仕事をしているので,架電する時間を誤ってしまうと仕事の邪魔になるためアポ獲得率が下がってしまいます.ここでは,電話営業をするうえで避けるべき時間帯をご紹介します

 

2.1 始業時間前後

始業時間前後は1番忙しいとされる時間帯です.仕事に取り掛かる準備や朝礼など時間に追われているため,電話しても仕事準備の妨げになる可能性が高いため,アポイント獲得も難しいです.そのため,電話をするとすれば始業してから30分以上経過してから連絡するように心がけましょう.

なお,アポイントを効率よく獲得するためには,午前中のうちに連絡しましょう.理由としては,相手が営業職の場合は午前中に社内にいる可能性が高く,午後になるとコアタイムなどで外出してしまったり,テレワーク体制でも商談が詰まってしまっている可能性が高いためです.

また,午前中であれば先方の都合次第でその日の午後にオンライン商談を予定したり訪問したりできる可能性もあり,フットワークが軽いことを強調できます.

 

2.2 休憩時間

ほとんどの企業の休憩時間は12時もしくは12時30から開始のケースが多いです.そのため,昼休憩中に電話してもお昼を食べに外出しているなどで担当者が不在の確率が高いです.交代制で休憩を取っている企業の場合は、誰かが電話を取ってくれますが、わざわざ営業電話に折り返しをしてくれることもないため、徒労に終わってしまいます。

また.休憩中に電話を掛けてくること自体が非常識だと悪い印象を持たれてしまうので,休憩中の営業電話は控えるべきです.

 

2.3 終業時間前後

営業時間就業間近や営業時間終業間近や終業後も電話をすべきでない時間帯の1つです。比較的に電話は繋がりやすい傾向にあります。しかし、終業間近の場合は、仕事の仕上げや報告書などで忙しく、なかには帰宅準備を始めていてパソコンの電源を落としている可能性もあります。

せっかく担当者と話せても忙しさから伝えた要件を覚えてもらえない場合や、パソコンの再起動が面倒できちんと取り合ってくれない場合があります。

また、業種によっては営業時間外でも繋がる可能性はあります。しかし、取引のある顧客のための措置としておこなっている可能性が高く、営業時間外にかけてくる企業は印象が悪くなる恐れがあります。したがって、営業時間内に電話をすることが難しいのなら、翌日の午前中に改めてかけなおすようにしましょう。

 

2.4 相手の繁忙時間帯や繁忙期

相手側の忙しい時間帯や,忙しい時期も電話を避けるべきタイミングの一つです.また、時間帯だけではなく、業界別に繁忙時期が存在します。繁忙期は営業電話に対応してもらえる可能性が下がってしまうため,それ以外の時期や時間に電話をかけるようにしましょう

 

3 相手ではなく自分にとってベストな時間帯はいつか?

営業電話をかけるのに一番良い時間帯を知りたいのであれば、「顧客にとって最適な時間」ばかり考えるのをやめ、「あなたとって一番良い時間がいつなのか」という視点に変えてみましょう.今まで,営業電話でうまくいった時は,いつ頃電話した時か考えてみれば答えが出るかもしれません

 

4 営業電話をするときに気をつけること

営業電話のマナーは時間だけではありません.営業電話で,気を付けることは「社名と自分の名前を名乗る」「適切な相手と話をする」「要件を端的に伝える」「聞きやすい速さと声のトーンで話す」「相手の都合に合わせて話をする」「電話以外の方法も取り入れる」など多数あります.このように気を付けることは多方面に及びます.そのため,意識しなくても取り組めるように日ごろから気を付けていきましょう.

 

     

5 営業電話は事前準備も重要

電話営業をするときに、事前にターゲットに関するリサーチや電話営業の準備を行わずに電話をすることは非常に効率が悪いです。入念に準備をおこなって最適な提案ができれば、アポイントの獲得や成約率は大きく向上します。

 

5.1 事前準備1:適切な営業リストの用意

営業リストは、営業をかけるターゲットとニーズが合致しているか精査しましょう。リストにはとりあえず数だけ掲載すれば良いとしてしまうと、自社商品がどんなに素晴らしい性能を秘めていても、相手側の求めているものと食い違ってしまっていれば成約率も低下してしまいます。また,リスト情報を最新状態にしておきことで成約率を向上させましょう.

 

5.2 事前準備2:トークスクリプト

事前に台本を作っておくと要点を整理して伝えやすくなります.短時間で効果的に伝えるには考えながら話すよりもトークスクリプトに落とし込んでしまった法が抜けもれなく伝えることができます.更に,想定される受け答えを反映してチャート式にしておくと臨機応変に対応できます。

 

5.3 事前準備3:質問回答

営業において相手の質問に素早く回答することができなければ、購買意欲を削ぎ成約率を下げてしまう恐れもあります。

営業では、質問に対し素早く説明できるスキルは重要です。そのため、よく聞かれる質問の内容を整理し、それに対する回答を用意しておきましょう。

 

6.まとめ

今回は営業電話について紹介しました.営業手段として電話以外の手段も多数ありますがメール、チャットなどよりも,リアルタイムでコミュニケーションを取る電話も重要です。ただし,リアルタイムでのやりとりだからこそ、その場で何を話すかを次々に考えていかなくてはなりません。そのため,経験を積むまでは、さまざまな状況に応じたコミュニケーションをとるのは難しいです。

だからこそ、電話をいつかけるのかという時間帯も含めてしっかりと営業事前準備をしていきましょう。