ロゴ

準備をすれば
営業は顧客と話すことが
もっと楽しくなる

商談成功率を高める鍵はお客様ごとに行う”商談準備”
しかし、営業の方々の8割はしっかりできていない商談準備をAIツールが支援する

WEB上や社内システムに散らばっている「顧客情報」「担当者情報」を自動収集し、顧客カルテを作成

顧客側で発信している最新情報はWEB上に、担当者はSNSに発信、自社との過去のやりとりは社内データベースに…と、アップデートされた情報は散らばっているため、検索に時間がかかります。UKABUは営業に代わって、各種情報を自動収集して、一つの顧客カルテに整理します。

顧客ごとに商談(トーク)スクリプトを自動でアレンジ

顧客の興味・課題に対して、何をヒアリングして、どのような順番で何を伝えるか、といった商談の流れや営業資料を準備することが重要です。UKABUは、この商談の流れを顧客ごとに自動アレンジしてスクリプトを自動生成します。

操作は顧客名と担当者名を入力するだけ!初期設定もプログラミング不要で簡単!

いつ、どの顧客の、どの担当者と商談をするのか、といった基本的なことを入力するだけで、顧客情報の収集・整理・スクリプト作成。初期設定もプログラミングなどは不要なため、簡単に使い始めることができます。

導入効果

営業の時間創出145%* & 受注率 +20%* が可能

  • 各種情報収集と
    情報整理の時間短縮
  • −45min
  • ※企業HP,担当者SNS,社内CRM情報,取引履歴を整理した場合
  • 今回の商談の提案に
    盛り込みシナリオ作成
  • −30min
  • ※上司と相談して商談スクリプトを修正して作成する場合
  • 商談進捗CVR向上による
    受注率アップ
  • +20%
  • ※初回商談からの受注りつ15%から35%になる想定

*1日2商談のある場合2時間30分/1名の削減により、8h/1日 ÷ (8-2.5) ≒ 145%

*初回商談の事前準備40%→100%に変わり、見積依頼率30%→70%▶︎受注率15%→35%へ向上想定

TOP
PAGE TOP